科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本がまた負ける、量子コンピューター開発競争の現実
編集委員 永田好生

(1/2ページ)
2016/6/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 未来の超高速コンピューターと期待されている量子コンピューターの研究熱が欧米で急速に高まっている。米グーグルやIBM、マイクロソフトなどIT(情報技術)の大手企業が大学を巻き込み巨額の資金を投じ始めた。日本は2000年ごろまで基礎分野でよい成果を出してきたが、半導体産業の衰退とともにかつての勢いを失った。国内研究者の間では「産学官が連携する拠点の整備が必要だ」と危機感を募らせる声が強くなっている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

授業を受ける留学生(静岡大提供)

スズキやヤマハ発の研修魅力 静大にアジアから留学生 [有料会員限定]

 安倍晋三首相が「人づくり革命」へ教育無償化などの構想を打ち出すなか、大学改革も待ったなしだ。日本の大学は国際化が遅れ、教育・研究の両面で競争力を失いつつある。こうしたなか地域の特性を生かし、独自の戦…続き (9/25)

水揚げされるクロマグロ(2016年5月)=共同

共同

東京五輪は公約倒れ 魚の「持続可能な調達」骨抜きに
専門家に聞く
[有料会員限定]

 2012年のロンドン五輪・パラリンピック以来、五輪・パラリンピックは地球環境の保全の観点から農林水産資源の持続的な利用の推進を後押しする催しだと位置付けられるようになった。20年の東京五輪・パラリン…続き (9/18)

土星に突入するカッシーニ探査機(想像図、NASA提供)

NASA

土星に突入するカッシーニ探査機 最後の重大任務 [映像あり][有料会員限定]

 米航空宇宙局(NASA)などが打ち上げた土星探査機「カッシーニ」が9月15日、13年にわたる探査を終えて土星に突入する。土星の大気まで探査機が入り込むのは初めてだ。これまでの探査で土星をまわる衛星を…続き (9/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト