/

この記事は会員限定です

金庫番が語るソフトバンク流「攻めの財務」

市場の力学(上)

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが攻めの経営であることを疑う人はいないだろう。孫正義社長の強いリーダーシップのもと、大きな目標を掲げて企業価値を高めてきた。直近では3.3兆円を投じる英アーム・ホールディングスの買収で市場に衝撃を与えた。攻めの経営を支えるのがソフトバンク流の財務戦略だ。グループの金庫番である後藤芳光常務執行役員財務部長に攻めの財務の要諦を聞いた。

――ソフトバンクの財務戦略の特徴は何ですか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1582文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン