2019年9月22日(日)

イチロー フィールド

フォローする

イチローに嫉妬? ピート・ローズの本音とは
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2016/6/20 6:30
保存
共有
印刷
その他

米ラスベガスにいるピート・ローズ(レッズなど)のもとを訪れたのは、マーリンズのイチローが日米通算ながらローズの大リーグ最多安打記録(4256安打)に並び、超えた4日前のこと。

イチローがローズの記録に迫っていたため、その2週間ほど前からインタビューを企画し、知り合いの米メディアの記者に相談すると、ローズにインタビューしたことがある別の記者に連絡を取ってローズのマネジャーの携帯番号、メールアドレスを調べてくれた。ところが、そのマネジャーには電話をしてもつながらず、留守番電話に伝言を残しても折り返しはない。

メールを入れて、さらにローズの公式サイト「Home of the Hit King」のカスタマーサービスにもメールを送ってみる。すると数日後に返信があったが、「ローズは今、インタビューに応じない」と一言。送信者のアドレスはカスタマーサービスだったので、誰が書いて送ってきたのかわからない。

また、マネジャーに電話をする。つながらない。留守番電話に伝言を残す。連絡はない。

「直接、行ってみたらどうだ」

そんなときに先ほどの米メディアの記者がアドバイスしてくれた。

「以前に私の友人がサインをもらいにいったとき、他に人がいなくて、かなり長い時間雑談ができたということだ。直接、行ってみたらどうだ」

アポなし。飛び込みの勧めである。ただ、マネジャーに連絡がつかない以上、それしかない。

公式サイトでローズのスケジュールを調べると、6月11日から14日(正午から午後4時30分)までラスベガスのマンダレーベイホテルに併設されたショッピングモールの店内でサイン会をしていることがわかった。当初、週末は混むかもしれないと聞いたので、14日の火曜日に行くことにした。

ところが、読みを誤る。イチローが7~9日のツインズとの3連戦で7安打を打ち、その時点でタイ記録まであと5本と迫ったのだ。14日までに決まる可能性が出てきたので(実際14日の試合を残り1本で迎えている)、急きょツインズ戦の後、週末にぶつかるとはいえ、11日にラスベガスへ行くことに決めた。

当日の朝、シアトルから飛行機に乗り、午前11時ごろにはホテルについた。下見がてら、ローズがサイン会をする「アート・オブ・ミュージック」という店に行ってみる。するともう2人の店員が「きょうは正午からローズのサイン会が行われますよ」と呼び込みをしている。声をかけてサインをもらう仕組みを聞くと、カウンターに連れていかれる。そこで女性に説明を受けた。

「こちらにある写真は75ドル。ボールは99ドル。このバットは199ドル。このユニホームはセールで399ドルです。このユニホームにはバットもついてきます」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
イチローウイークエンドで配られたイチロー人形

 9月14日午後5時49分、ホームの白いユニホームをまとったイチローが一塁側のダグアウトから姿を見せると、球場全体が大きな歓声に包まれた。
 2分後、ダグアウトに控えていたチームメイトらが全員出てきて、 …続き (9/16)

試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (8/5)

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。