2018年9月26日(水)

コシヒカリ、同じ新潟でもあぜ道1本はさんで価格差

(1/2ページ)
2016/6/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 700種以上もあるコメの銘柄のなかで、新潟県南西部産の「魚沼産コシヒカリ」は食味の良さから最高ブランドに位置付けられている。店頭に並べば5キロ入りで3000円近い値段になり、北側に隣接する地域で生産する「新潟産一般コシヒカリ」よりも700~800円高い。山間部で手間をかけて作っただけあって当然の価格差とも思ったが、現地へ赴くと、意外にもあっさりとブランドを分ける境界線が引かれる場所をみつけた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報