/

この記事は会員限定です

コシヒカリ、同じ新潟でもあぜ道1本はさんで価格差

[有料会員限定]

700種以上もあるコメの銘柄のなかで、新潟県南西部産の「魚沼産コシヒカリ」は食味の良さから最高ブランドに位置付けられている。店頭に並べば5キロ入りで3000円近い値段になり、北側に隣接する地域で生産する「新潟産一般コシヒカリ」よりも700~800円高い。山間部で手間をかけて作っただけあって当然の価格差とも思ったが、現地へ赴くと、意外にもあっさりとブランドを分ける境界線が引かれる場所をみつけた。

「ここがブランドを分ける境目」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン