2018年7月16日(月)

天然ゴムに病害リスク ブリヂストン、米にノアの箱舟

2016/6/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ブリヂストンがタイヤを作る上で必要な天然ゴム資源の多様化に挑んでいる。米国アリゾナ州に東京ドーム25個分の農地を設け、天然ゴムの新たな原料として白羽の矢をたてた植物「グアユール」を育てている。一般的な原料である「パラゴムノキ」は9割以上が東南アジア産。病害が広まれば、産地が壊滅的な被害を受ける可能性がある。乾燥地に植生するグアユールを育て、原料調達リスクを分散する狙いだ。

■乗用車用タイヤ、原料ゴ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

病害リスク、バナナでは深刻な事態に

日本では梅の名所が消滅したことも



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報