/

この記事は会員限定です

「AI同士が投資競う」米著名ヘッジファンドが予言

ツーシグマ デビッド・シーゲル共同会長

[有料会員限定]

不透明感が尽きない世界市場。米国市場でもヘッジファンドの苦戦が目立っている。そんな中、テクノロジーを駆使したファンドが台頭している。その中でもひときわ輝くヘッジファンド「ツーシグマ」。900人の従業員のうち3分の2は研究開発部門に所属し、従業員の6割は非金融業の出身者だ。数学オリンピックの金銀メダリスト8人を擁し、350億ドル(約3兆7000億円)を運用する。創業者のデビッド・シーゲル氏に聞いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4505文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン