/

この記事は会員限定です

AIが販売管理 アパレル、気象データで売り時判断

[有料会員限定]

異常気象による天候の読み違えにアパレル業界が苦しんでいる。ユニクロを展開するファーストリテイリングは暖冬で冬物が苦戦した影響などで2016年8月期の連結業績予想による純利益を前期比45%減と下方修正した。三越伊勢丹も気温が上がらなかったために販売が振るわず3~5月の売上高が3カ月連続で前年割れとなった。こうした大手でさえ陥りがちな天候による在庫リスクを、人工知能(AI)を活用することで最小限に抑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン