/

この記事は会員限定です

旭化成、くい打ち問題に隠れた成功M&A

証券部 平沢光彰

[有料会員限定]

「とてもじゃないが、うちには経営できない」。ライバル大手の社長が舌を巻く事業が旭化成にある。除細動器を中心とする「クリティカルケア事業」だ。2012年に米ゾール・メディカルを当時、同社として過去最大の約1800億円で買収して参入した。化学や繊維と縁遠いとして「海千山千だ」とも言われたが、今や立派な稼ぎ頭だ。17年3月期は旭化成の7事業のうち唯一、営業増益を見込む。子会社によるマンションのくい打ち問題に関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン