/

この記事は会員限定です

4兄弟が別れた老舗・千鳥屋 東京の長男系、破綻の裏側

[有料会員限定]

和菓子の千鳥饅頭(まんじゅう)や洋菓子のチロリアンを口にしたことのある人は少なくないだろう。手がけてきた千鳥屋総本家(東京・豊島)は5月16日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。負債総額は約23億円。創業380年の社歴を持つ洋・和菓子メーカーが破綻に至った理由は、知名度のある製品でなく、あまり知られていない製品を1社依存で販売してきたことにあった。詳しい経緯を信用調査マンの視点でひもとく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン