/

この記事は会員限定です

サミットで自動運転競演 たかが250メートルに苦闘

[有料会員限定]

5月27日に閉幕した主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、政府は自動運転車の試乗イベントを開いた。首脳が乗った自動運転車が約250メートルを走るささやかなイベントだが、自動車各社は思いのほか苦戦。準備期間は1カ月に及んだ。政府は成長戦略で2020年の自動運転の実現を掲げるが「口で言うほど簡単ではない」との声も出ている。

イベントではイタリアのレンツィ首相とユンケル欧州委員長がトヨタのレクサス、欧州連合(EU)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン