/

この記事は会員限定です

三菱UFJ「国債離れ」 マイナス金利、広がる不協和音

[有料会員限定]

三菱東京UFJ銀行が国債入札の特別資格を返上する方針を固めた背景にあるのは、マイナス金利政策を巡る日銀との不協和音だ。三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長が講演で「(家計や企業の)懸念を増大させている」と政策効果に苦言を呈して約2カ月。金融政策決定会合直前に三菱UFJが放った政策批判の「二の矢」が波紋を広げている。

「国債の購入ルートはプライマリーディーラー(国債市場特別参加者、PD)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン