/

この記事は会員限定です

誤発注?介入? 市場騒然のポンド急騰劇

経済部 生田弦己

[有料会員限定]

誤発注か、それとも為替介入か――。7日午後の為替市場で突然、英ポンドが対円で急騰する「事件」があった。値幅はわずか1分で2円近く。前週末の米雇用統計発表後の円急騰に匹敵する激しい値動きだ。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票が迫る時期だけに、市場は一時騒然となった。

相場が動いたのは、市場参加者がランチを終えて席に戻る午後1時過ぎ。それまで1ポンド=156円前後で推移していたポンドの対円相場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン