/

この記事は会員限定です

臓器不足の解消へ一歩 ブタからヒトへの移植解禁

[有料会員限定]

臓器不足を解消する手段として、ブタなどの動物の細胞や組織をヒトに移植する「異種移植」が注目されている。これまで感染症を防ぐ指針によって事実上、実施できなかったが、厚生労働省の研究班が5月27日、異種移植の指針を緩和した。3~5年後にも国立国際医療研究センターや、福岡大学などがブタの膵臓(すいぞう)の細胞を使った人工カプセルを1型糖尿病の患者に移植する臨床研究計画が実現する見通しになった。

まず糖尿病 ブタ細胞を膜で包んだ「人工膵島」移植

厚労省は近く改訂した異種移植指針を各医療機関に対して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2803文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン