トランプ氏の別荘で見た格差と「社会主義」のいま
シリコンバレー支局 兼松雄一郎

コラム(国際・アジア)
(1/3ページ)
2016/6/10 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月7日夜、米カリフォルニア州サンタモニカ空港の古びた飛行機格納庫で米大統領選の集会が開かれた。地鳴りのような「革命」コールが響くなか、「民主社会主義者」を自任する民主党のバーニー・サンダース上院議員が登壇し、「真の変革は下からわき起こるものだ」と聴衆に語りかけた。ロビンフッドの帽子をかぶった同氏の顔の巨大パネルが揺れる。ロビンフッドは資産再分配のシンボルだ。

駆けつけた作家のトッド・シュワルツ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]