2018年11月22日(木)

くすぶる「時差ダブル選」 年内解散の風やまず
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2016/6/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「頭の中を衆院解散がよぎったことは否定しない」。首相の安倍晋三は1日の記者会見で、夏の衆参同日選挙を考えたことを異例にも認めた。そもそも解散風を吹かせたのも安倍自身だ。公明党の反対や熊本地震の被災地に配慮して見送ったが、前の衆院選から2年もたたぬ「小刻み解散」にためらいは薄い。年内か年明けの解散で「時差ダブル選」の選択肢も消せない。

2日の経済財政諮問会議。消費増税の再延期で露呈した安倍と副総理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

総裁選も絡む「衆院解散」 浮かぶ3シナリオ[有料会員限定]

2016/6/6 1:12

なぜ同日選は消えたのか(風見鶏)[有料会員限定]

2016/6/5付

際立つ「1強」、火種も 決断・増税先送り[有料会員限定]

2016/6/2 8:16

首相記者会見の要旨 解散、頭よぎった[有料会員限定]

2016/6/2付

首相、消費増税延期を表明 19年10月に10%[有料会員限定]

2016/6/2付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報