守り抜いたウイスキー原酒、秩父から世界に

2016/6/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

設備もお金もない。肥土伊知郎の手元に残ったのはウイスキーの原酒だけ。その原酒を元手に始めたベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)の「イチローズ・モルト」には、うるさ型の世界のウイスキー通すら沈黙させる力がある。

2004年のことだった。肥土は自分の耳を疑った。樽(たる)で400個相当のウイスキーの原酒を処分するよう指示されたのだ。

肥土の実家は1625年から続く老舗の酒蔵、東亜酒造(同羽生市)。更…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]