忍者ショー・酒・技術… 「伊勢志摩サミット」別の顔
記者が歩いた日本アピールの現場

(1/2ページ)
2016/6/4 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

主要7カ国(G7)首脳が一堂に会した主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)。世界が直面する政治経済の難題を議論する外交のひのき舞台だが、実はもう一つの顔がある。開催国日本の情報発信の「場」だ。先端技術から日本食・文化に至るまで、サミットを活用することで認知度を高め、海外への展開を狙う。伊勢志摩で繰り広げられた"アピール"の現場を記者が歩いた。

■QRコード活用、政府展示は「完全ペーパーレス化」に

サミ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]