/

この記事は会員限定です

CNTを基材に超極細超伝導ナノワイヤーを作製

[有料会員限定]

慶應義塾大学と物質・材料研究機構(NIMS)、群馬大学は2016年6月1日、直径1nm(ナノメートル)のカーボンナノチューブをテンプレートとして、最小で約10nm幅の超極細超伝導ナノワイヤーの作製に成功したと発表した。また、この超伝導ナノワイヤーをデバイス化し、微小な超伝導体で現れる特異な超伝導現象の観測に成功した。

架橋したカーボンナノチューブをテンプレートに、超伝導材料である窒化ニオブ(Nb...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません