/

この記事は会員限定です

ヘビ型ロボに要救助者の声を聞き取る能力を追加

[有料会員限定]

東北大学と早稲田大学、京都大学、東京大学、筑波大学、国立情報学研究所(NII)は2016年6月1日、瓦礫(がれき)内捜索用ヘビ型ロボット「能動スコープカメラ」に複数のマイクを搭載し、音響信号処理に基づく音声強調技術によって、瓦礫奥深くの要救助者が発する声を聞き取るシステムを開発したと発表した。

能動スコープカメラは、内視鏡の表面に分布型振動用のアクチュエーターを搭載し、瓦礫や配管などの狭く深い場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン