/

この記事は会員限定です

日銀、国債購入目標の下限割れ容認?

[有料会員限定]

「日銀が政策目標の一時的な下振れを容認するのではないか」。そんな思惑が金融市場で浮上している。消費者物価の2%目標ではない。年間80兆円程度のペースで保有残高を積み増すと決めている長期国債の買い入れ目標のことだ。

日銀が5月31日に公表した6月の長期国債買い入れ方針で超長期債を月間2000億円程度減額したことが市場の臆測を呼ぶきっかけになった。6月は国債の大量償還月で、国債の需給が逼迫しやすい。前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン