/

この記事は会員限定です

ルンデグ・プレブスレン・モンゴル外相 北朝鮮問題、仲介続ける

[有料会員限定]

アジアは様々な問題を抱えている。環境問題や自然災害、水・エネルギーの不足、感染症などの問題で海洋上の領有権争いにも深刻な懸念がある。宗教間の対立や過激思想も広がっている。サイバー攻撃やテロリストによる化学兵器、核兵器の使用の可能性も新たな脅威になりつつある。各国と連携して解決方法を見いだしていきたい。

モンゴルはこれまで様々な対話の枠組みを提案してきた。各国が対話に参加するよう促し、問題解決で協力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン