VR用ディスプレー分解、内部に見た「800ドルの理由」

(1/4ページ)
2016/7/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バーチャルリアリティー(仮想現実:VR)用のヘッドマウントディスプレー(HMD)が2016年、続々と製品化される。 "先行組"の1つが、同年4月に799米ドルで発売された台湾HTCの「Vive」である。

発売前の予約では、開始から10分間でおよそ1万5000台の注文があった。6月までの3カ月間で約30万台の生産を計画しているようだ。滑り出しが順調なViveを入手・分解し、VR用HMDの実態に迫っ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]