アジア最新ニュースの掲載を始めました

激震 習政権ウオッチ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

知日派、王毅外相の突出した「日本たたき」  編集委員 中沢克二

(1/3ページ)
2016/6/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「日本は南シナ海問題を大げさに騒ぎ、緊張を宣伝している。G7(主要国首脳会議)は世界経済を論議する場なのに、日本はそれを利用し、ケチなソロバンをはじき、小細工をした」

 中国外務省の伊勢志摩サミットの成果に関する公式論評である。まるで北朝鮮の宣伝放送なのかと見まごう口調だ。

■日中外相会談での高圧姿勢

 これで驚いてはいけない。4月30日、北京で開かれた日中外相会談では、外相同士の高尚な協議の場のはず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

激震 習政権ウオッチ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

孫政才・前重慶市党委書記は習時代5年で処分された「6腐敗分子」の代表格に(北京展覧館の展示から)

習氏「極悪六人組」切りで集団指導終えん導く [有料会員限定]

 18日からの共産党大会を前に、中国に衝撃が走っている。河北省の保養地に現役幹部と長老らが集った、8月の「北戴河会議」などを経て、一度は行く手を阻まれたように見えた国家主席、習近平への高いレベルの権力…続き (10/18)

中国共産党最高指導部の人事データから、その実相に迫る

膨張するか「習近平派」 中国共産党幹部データ

 中国共産党大会が閉幕した。就任わずか4年で別格のリーダーと位置づけられた中国国家主席、習近平氏。長老と繰り広げた暗闘を経て思うような体制をつくれたのか。最高指導部の人事データからその実相に迫る。…続き (9/20)

中央規律検査委員会全体会議での王岐山氏の演説の内容は当日、公表されなかった(10月9日の中国中央テレビ映像から)

「王岐山印」反腐敗の牙城が膨張へ [有料会員限定]

 5年前の第18回中国共産党大会以来の素晴らしい成果……。中国の各部門、省庁、メディアが10月18日からの第19回党大会を前に5年間を振り返る文章を発表する際、必ず付けるよう中央から求められている枕詞…続き (10/11)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]