/

この記事は会員限定です

健康長寿へ「先制医療」を磨け 井村裕夫氏

京都大名誉教授

[有料会員限定]

日本はかつてないスピードで高齢化し、平均寿命は男女とも80歳を超えた。介護を必要とせず、いかに健康に長寿を達成するかが今後の医学の目標だ。それには、高齢者に多い疾患の予防に取り組むことが欠かせない。

心血管系疾患やがん、糖尿病などが主なターゲットで、国連や世界保健機関(WHO)はこうした病気を非感染性疾患(NCD)と呼んでいる。感染症や外傷以外の疾患の総称で、「生活習慣病」とも重なるが、より広い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン