東芝メディカル、熊本地震被災地にDNA検査システム

2016/5/30 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

川崎市(神奈川県)と東芝メディカルシステムズは、食中毒原因菌を短時間で判定できるDNA検査システムを、熊本地震の被災地に供与する。2016年5月27日に両者が開催した記者会見で発表した。

供与するDNA検査システムは、川崎市健康安全研究所と東芝の共同研究の成果として開発されたもので、2015年1月に発表・発売している。食中毒原因菌14種類(22遺伝子)を同時に判定でき、約2時間という短時間で原因…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]