2019年2月20日(水)

東芝の「聖域」原子力に隠された不都合な真実

(1/4ページ)
2016/5/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の不正会計を象徴する「チャレンジ」が、米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)でも行われていたことが、日経ビジネスの取材で分かった。

不正会計を調査した第三者委員会は、チャレンジを「過大な目標設定」や「業績改善の指示」などと定義。東芝経営陣がチャレンジの達成を部下に強要したことが、利益水増しの原因だったと指摘している。

日経ビジネスが入手した内部資料によると、WHのCFO(最高財務責任者)だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報