/

この記事は会員限定です

AIが迫る18年越しの日産系列解体

編集委員 村山恵一

[有料会員限定]

日産自動車が系列部品メーカー最大手、カルソニックカンセイの全株式を売却する検討を進めていることが明らかになった。6月に1次入札を実施し、実現すれば売却額は1000億円を超える見込みという。

筆者が注目した記事
・5月25日 日経電子版「トヨタ、ウーバーに出資 車大手『配車』に接近」
・5月24日 日経新聞朝刊1面「日産、カルソニックカンセイ売却 先端技術に資金、全保有株1000億円超で」

「保有する1394社の株式のうち、4社をのぞいて保有が不可欠とは見なしていない」。1999年10月、仏ルノーから経営危機の日産に送り込まれたカルロス・ゴーン最高執行責任者(COO、当時。現社長)は再建計画リバイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン