/

この記事は会員限定です

ウナギ、クロマグロの規制案が見送られた理由

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

今年9月に南アフリカで3年ぶりに開くワシントン条約の会合では、日本人の食生活に身近なニホンウナギや太平洋クロマグロの規制が見送られることになりました。4月下旬の期限までに、ウナギなどを新たに規制対象に加える提案が加盟各国から出なかったためです。しかし、今回の提案見送りは、ウナギやマグロの資源状況が改善したことが理由ではありません。

ピーク比8割減少

マグロなどの水産物は国境を越えて取引される国際的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン