/

この記事は会員限定です

G7終えた仙台 海外への情報発信、浮かぶ難しさ

外国メディアの報道を検証

[有料会員限定]

仙台市の秋保(あきう)地区で開かれていた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が21日閉幕した。この会議は仙台市だけでなく、外国人観光客の乏しい東北にとって仙台や東北の知名度を国際的に高めるまたとない機会として注目されていた。仙台・秋保の名は本当に世界に広まったのか--。記者自身も会議の取材を進めながら、海外のジャーナリストや参加者に彼らがどのように感じ、報じたのかを聞いた。

「これは秋保大滝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2337文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン