「スマート」入室で鍵いらず 民泊・賃貸物件で脚光

2016/5/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドアの開閉にスマートフォン(スマホ)を使う「スマートロック」の市場が急速に拡大している。ドアの内鍵に取り付けた機器を無線で操作するため、実鍵が不要になる。鍵の紛失や受け渡しのリスクがなく、所定の期間を過ぎれば鍵を無効にできる利便性が不動産賃貸会社や民泊を手掛ける企業などに着目されている。

ベンチャー企業のライナフ(東京・千代田)はこのほどスマートロックのサービスの提供を始めた。初年度で1000室…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]