スペシャル

フォローする

バレー女子、リオへ課題 飛躍のカギはセッター宮下

(1/3ページ)
2016/5/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

最終戦でオランダをフルセットの末に破り、世界最終予選兼アジア予選を3位(アジア1位)で終えたバレーボール女子の日本代表。負ければ終わりという大会を戦い抜き、当初の目標である4大会連続の五輪出場を決めたが、苦しい試合の連続だった。リオでは2012年ロンドン五輪の銅メダルを超えるという目標を掲げるが、真鍋政義監督は「このような試合をしているとメダルは不可能」と危機感を募らせている。

リオ五輪出場を決め、記念撮影するバレー女子日本代表ら=共同

リオ五輪出場を決め、記念撮影するバレー女子日本代表ら=共同

最終予選では開催国が2試合の日程と対戦国を指名できる。真鍋監督は初戦ペルー、2戦目カザフスタンという力の落ちる相手を選んだ。序盤で3-0のストレート勝ちを続けて勢いにのりたいという思いからだった。序盤戦の日本は動きに硬さが残ってはいたが、もくろみ通りに2連勝。3戦目で前回のロンドン五輪の最終予選で苦杯を喫した韓国戦に挑んだ。

韓国戦、サーブレシーブが崩壊

韓国には昨年のワールドカップ(W杯)でストレート勝ちするなど6連勝。エースの金軟景(キム・ヨンギョン)の強打は脅威とはいえ、対策はできていたはずだった。ところが、この日はサーブレシーブが崩壊した。中でも、不規則な変化をする金姫真(キム・ヒジン)のジャンプフローターサーブに苦しんだ。「最初はこちらに来ないと思っていたらカーブしてきたりして。横の関係を崩された」と古賀紗理那(NEC)。許したサービスエースは5本。選手の間を狙うサーブの威力は真鍋監督も「想定以上だった」と振り返る。試合途中でサーブレシーブを受ける選手を2人から3人に増やしたが、急なシステム変更では各自の役割分担があいまいになってしまい対応しきれなかった。

サーブレシーブが乱れると、セッターが動かされることになり、攻撃の幅は狭くなる。また今大会から代表に復帰した荒木絵里香(上尾メディックス)とセッターの宮下遥(岡山)がコンビを組んだ時間はわずか。韓国戦では試合が進むにつれて宮下からのトスはサイドからの攻撃、それも長岡望悠(久光製薬)に偏っていった。「ミドルを使うのが怖かった」と宮下は振り返る。ただ、ミドルブロッカー(MB)からの速攻がなければ相手としては守りやすい。

続くタイ戦でもサーブで崩されたのがフルセットにもつれる原因の一つになった。タイは高さはないが守備が堅い。中途半端な攻撃は拾われてしまう。終始硬さが残る日本は主将の木村沙織(東レ)が韓国戦で右手小指を負傷したため大事をとってスタメンを外れたこともあってか、第1セットを20-25で落としてしまう。最終予選という独特な重圧のかかる大会。ロンドン五輪を経験していない選手が過半を占めるチームが冷静さを失っていたのは明らかだった。試合後、宮下は「第3セットの途中から手の震えが止まらなかった」と打ち明けている。

窮地のチームを救ったのはロンドンを経験した4人。真鍋監督は第2セットから荒木に加え、木村や迫田さおり(東レ)、山口舞(岡山)を投入。「遥(宮下)があげやすいように少々乱れても決めていこうと思った」と山口。この日、チーム最多の24点をあげた迫田は「チームが一致団結できた」と振り返るようにベテラン勢がチームを鼓舞。タイの攻撃を必死で拾って攻撃につなげる中で流れを取り戻していった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
瀬戸は6月の欧州遠征で自己ベストをマーク=共同共同

 12日に韓国・光州で開幕した水泳世界選手権。メダルラッシュが期待される競泳ニッポンは21日から登場する。競泳陣にとって、今大会は金メダルを獲得すれば来年の東京五輪代表に内定する、いわば五輪前哨戦。2 …続き (2019/7/19)

2020年東京五輪のチケットの販売方法について発表する北島康介さん(東京都港区)=共同共同

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが、公式販売サイトで9日午前10時から始まる。1人が購入できるのは最大30枚で、申込期間は28日までの20日間と決して長くはない。今から観戦したい競技種目や日 …続き (2019/5/2)

 卓球の世界選手権個人戦が21~28日、ブダペストで行われる。来年の東京五輪で悲願の金メダルを目指す卓球ニッポンは、最強中国を相手に快進撃を続ける伊藤美誠(スターツ)が半世紀ぶりの、高校生になった張本 …続き (2019/4/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]