/

この記事は会員限定です

トヨタや吉野家などが協働ロボット導入へ

[有料会員限定]

ロボットベンチャーのライフロボティクスは、同社が2016年1月から販売している、人と協働しピッキング作業などを行う多関節型のロボット「CORO」の導入先を公表した。

導入先には、自動車分野ではトヨタ自動車、電子機器・デバイス分野ではオムロン、外食分野では吉野家、食品製造分野では外食チェーンのロイヤルホストなどを展開するロイヤルといった名前が挙がるなど、分野は多岐にわたる。ロボットの導入により、生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません