/

この記事は会員限定です

「自転車フレーム」を3D印刷、超複雑構造も軽量・安価に

[有料会員限定]
日経ものづくり

3Dプリンティングで製品形状に制約がなくなり、コンピューターでは高度な設計計算が可能になった。IoT(モノのインターネット化)の普及も始まった。これらの変化が、製品と設計プロセスをこれまでにない形に大きく変えていく。今回は、3Dプリンティングで製造したフレームを全面的に採用するロードバイクの開発事例を紹介する。

2016年1月に米国ラスベガスで開催された展示会「CES 2016」で注目を浴びた、C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン