/

この記事は会員限定です

29歳が社長に直談判 ソフトバンク自動運転の勝算

新会社、SBドライブ社長に聞く

[有料会員限定]

ソフトバンクが自動運転技術の開発に乗り出した。4月に東大発ベンチャー、先進モビリティ(東京・目黒)に40%出資するとともに共同出資会社、SBドライブ(東京・港)を設立。2018年をめどにまずバスやトラックを使ったサービスを始める。通信事業者がなぜ自動運転なのか。SBドライブの佐治友基社長(30)は「自動運転は寸分の遅れもなく情報をやりとりできる通信技術が鍵を握る。通信事業者こそ優位に立てる」と話す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4011文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン