/

この記事は会員限定です

楽天、ポイント戦略で減益 市場と手応えにズレ

証券部 藤原隆人

[有料会員限定]

「今期は積極的な投資をする年で、減益は想定通り」。12日に楽天が発表した2016年1~3月期の連結決算国際会計基準)は純利益が前年同期比17%減ったものの、山田善久副社長はこう強調した。ある取り組みが狙い通りの効果を上げているとの手応えがあるためだ。インターネット通信販売事業で顧客に付与するポイントの大胆な見直しだ。その成否は楽天の長期的な成長を左右する。

1~3月期の売上高に当たる売上収益は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン