フルスイングの余韻(山崎武司)

フォローする

これでいいのか新ルール 「1点の重み」減らした

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2016/5/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

野球が変わった。ペナントレースを見てそう感じている。原因は本塁での衝突を避けるために今季から導入した「コリジョン(衝突)ルール」だ。5月6日の西武―日本ハム戦、11日の阪神―巨人戦では守備側が走路をふさいでいたとして、当初アウトの判定がセーフに覆った。選手の安全を守るという趣旨には賛成だ。けれども現実を見ていると、こういう適用の仕方でいいのだろうかと疑問がわいてくる。

ケガにつながるタックル禁止

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

フルスイングの余韻(山崎武司) 一覧

フォローする
プロ野球選手のオフの過ごし方は?(契約更改を終えたヤクルト・山田哲人)=共同共同

 ストーブリーグや契約更改も一巡し、球界はオフのまっただ中だ。この時期、プロ野球選手はどのように過ごしているのか。最近は多くの選手が結構練習している。

 12月から翌年1月、選手はチームの管轄外にあるが …続き (2019/12/31)

本塁打を浴びた味方投手に声を掛ける巨人・阿部(左)。捕手に入った際は打者に対してほとんどしゃべらない=共同共同

 野球は「間」の多いスポーツだ。1球、1プレー、投手交代。様々な区切りにグラウンドの選手たちは言葉を交わしている。僕が若かった頃、捕手はとりわけおしゃべりだった。
 すぐに思い出すのは広島の達川光男さん …続き (2019/9/1)

ロッテ・藤原は開幕1軍入りを果たすも結果を出せず2軍落ちした=共同共同

 プロ野球開幕から1カ月あまり、注目のルーキーたちがプロの壁にはね返されている。開幕1軍入りを果たした藤原恭大(ロッテ)は結果を出せず2軍落ち。4球団が競合した根尾昂(中日)はケガもあり、本領発揮には …続き (2019/5/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]