/

この記事は会員限定です

日本企業のインド進出支援、州政府との直接交渉に活路

南部2州で本格始動

[有料会員限定]

日本企業のインド進出を支援するため、土地や優遇措置などを巡る難題を州政府との直接交渉で解決しようという動きが本格化してきた。経済産業省は、情報技術(IT)都市バンガロールを擁する南部カルナタカ州との間で土地取得を巡る紛争回避を目指す新たな覚書(MOC)に調印。隣接するアンドラプラデシュ(AP)州では経産省と日本貿易振興機構(JETRO)が中心となって「AP州官民協議会」を設立、港湾都市クリシュナパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1808文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン