/

この記事は会員限定です

「泊まれる」本屋、味噌蔵も 新たな宿泊スタイル拡大

[有料会員限定]

本屋や味噌蔵など"泊まれる〇〇"を標榜する宿泊施設が増えている。宿泊のみならず、様々な経験や体験を楽しむひとときを過ごせるのが特徴だ。手ごろな価格も魅力で、いずれの宿も販売は好調。新たな宿泊スタイルとして今後も広がりそうだ。

1カ月以上先まで予約で一杯

気に入った本を読みながら、寝落ちしよう――。2015年11月、東京・池袋に"泊まれる本屋"をうたった宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO(ブック アンド ベッド ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン