/

この記事は会員限定です

ふるさと納税のあり方を問う

[有料会員限定]

自治体に寄付すると住民税の一部が差し引かれる「ふるさと納税」。豪華な返礼品で人気が集まるが、税のあり方をゆがめるとの批判も強い。「地域のためにならない」と見直しを求める大村秀章愛知県知事と、「地方の改革の起爆剤になる」と制度の意義を主張する保田隆明神戸大大学院准教授に聞いた。

返礼品競争、税金の浪費 愛知県知事 大村秀章氏

――ふるさと納税の現状を懸念されていますね。

「高級肉や鮮魚など豪華な返礼品を全国の自治体が競っている今の姿は非常に問題だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン