/

この記事は会員限定です

貿易協定、アプローチ変更を ダニ・ロドリック氏

米ハーバード大教授

[有料会員限定]

貿易協定のあり方が米大統領選の主要な争点の一つになっている。貿易が政治的議論の対象になるのは、公正さについての懸念を引き起こすからだ。

競争相手が技術革新を通じ優れた製品を開発したために失業しても苦情はでないだろう。競争相手が、組合の設立を阻むなど労働者の権利を侵害している海外企業に業務委託している場合に強烈な不満がでる。

米大統領選では、国内労働者の利益を反映するよう貿易協定を見直すべきだとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン