赤字2300億円 三菱重工の大型客船に乗ってみた

(1/3ページ)
2016/5/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 いよいよ日本はゴールデンウイークの最終盤。今年は10連休という人もいただろう。欧州で1週間のまとまった休みが取れると、よく利用されるのがクルーズ船の旅だ。家族連れも利用する身近な「海上ホテル」として定着している。この業界に造船の立場で風穴を開けようとしたのが日本の三菱重工業だ。最先端の技術をふんだんに盛り込む一方で、基本設計の遅れなどで巨額の特損を計上した、いわく付きの「アイーダ・プリマ」に実際…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]