/

この記事は会員限定です

クライスラー、焦りが押したグーグル提携

米州総局・中西豊紀

[有料会員限定]

米グーグルの持ち株会社アルファベットと、欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が自動運転事業で提携することになった。グーグルにとっては完成車メーカーと組む初めての事例だ。IT(情報技術)と旧来型という企業の垣根を越えた連合だが、似た提携が相次ぐかというと疑わしい。FCA側特有の事情が提携の裏にはあるからだ。

「スピード感と経験のあるFCAのエンジニアはグーグルの自動運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン