2019年6月26日(水)

イチロー フィールド

フォローする

任天堂、マリナーズ持ち分売却決定の舞台裏
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2016/5/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

ちょうど、イチローが米大リーグのマリナーズからヤンキースにトレードされた時期と重なる。

2012年7月、米国任天堂の最高経営責任者(CEO)だった君島達己氏(現任天堂社長)は、故山内溥相談役とマリナーズの将来について話し合った。米国任天堂出身で、マリナーズの会長兼CEOを任せてきたハワード・リンカーン氏も72歳となり、リタイアが近い。その後をどうするか。誰がCEOとなるのか。

山内氏、生前から売却意識

ただ、信頼ができ、スポーツビジネスを理解した上で、さらに大リーグを熟知した人材となると、名前が挙がらない。必然、1つのことが明らかになった。

適任者がいない。

「となると、任天堂以外から見つけるしかない」

君島社長は、そこへ至った当時の経緯をそう振り返る。そのとき、山内相談役も君島社長も、マリナーズのオーナーシップを手放す時期が、そう遠くない将来に訪れることを意識した。任天堂以外からCEOを迎えるとしたら、任天堂が筆頭オーナーで居続けることは難しいからだ。

それからおよそ3年10カ月がたった4月27日(日本時間28日)、それが現実となる。マリナーズは任天堂が持ち分の大部分を既存出資者で、シアトルの実業家ジョン・スタントン氏を筆頭とするグループに売却する方向で調整に入ったと発表した。

正確には、スタントン氏を含む17人の既存出資者に任天堂の持ち分が売却されることになるといい、CEOにはシアトルで携帯電話事業の創成期に関わり、現在はマイクロソフト、会員制量販のコストコ・ホールセールといった地元企業の取締役を務めるなど、地域との関わりが強いスタントン氏が就く。持ち分比率は公表されていないが、彼が事実上の筆頭オーナーになるとみられる。

任天堂も安心できると歓迎。なによりスタントン氏らが、地域に根ざしたビジネスを展開する点で任せられると判断した。

売却、条件がそろった場合のみ

というのも実は、任天堂が持ち分を手放すときとはあくまでも条件がそろった場合に限る、という前提があった。新しいオーナーがシアトルからマリナーズを移転させるようなことがあってはならないというのがその条件であり、スタントン氏らの基盤を考えれば、それは確保されたといっていい。

では、なぜその条件にこだわるかといえば、そこに山内相談役が、マリナーズのオーナーとなったそもそもの理由があるからだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

3月の引退記者会見の言葉にはイチローの正直な思いがこもっていた=共同共同

 シカゴ・ブルズ時代に2度の3ピート(3連覇)を達成するなど、選手としての名声をほしいままにした元プロバスケットボール(NBA)のマイケル・ジョーダン(現シャーロット・ホーネッツオーナー)。先日も「ジ …続き (4/15)

イチローは引退会見で「日本の野球はアメリカに追従する必要はない」と強調した=ロイターロイター

 もう長く、マリナーズのクラブハウスへ行くと、ロッカーにイチローがいるかどうか確認するのが当たり前のようになっていた。ホームの場合、入ってすぐ正面にその場所はあった。整然としていたそこには今、段ボール …続き (4/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]