豊洲に「超人」パラアスリート養成所 東京ガス、不動産開発で動く

2016/5/12 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会はTokyoという都市の風景を変えていく。東京湾を臨む豊洲地区はその進化を象徴する場所になりそうだ。東京ガスが障害者スポーツを軸にした街づくりに着手。障害者ランナーを育成する「ランニングスタジアム」の建設が5月に始まる。目指すは五輪のメダリストをしのぐ記録を狙う「超人」パラアスリート誕生だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]