/

この記事は会員限定です

「グーグル化」するフェイスブック、創業者支配維持へ無議決権株発行、企業統治に懸念も

[有料会員限定]

【シリコンバレー=小川義也】米フェイスブックは27日、議決権のない種類株を新たに発行すると発表した。好業績を追い風に、創業者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ氏の支配力を維持するのが狙いだ。シリコンバレーの主要企業で無議決権株を導入するのは昨年のグーグル以来。ネット広告市場では激しいシェア争いを繰り広げるライバル同士だが、ことガバナンス(企業統治)に関してはフェイスブックの「グー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン