/

この記事は会員限定です

「香港独立」掲げ新政党 若者に広がる中国離れ

香港支局 粟井康夫

[有料会員限定]

「独立国家になるか、それとも中国の一都市になるか。選択肢は2つしかない」

香港の独立を公約に掲げる初の政党「香港民族党」を3月末に旗揚げした陳浩天代表(25)が日本経済新聞の取材に応じた。陳氏は香港に幅広い自治を認める「一国二制度」はすでに機能不全に陥っていると指摘。「われわれは中国人ではなく、香港人だ。法の支配を尊重し(公用語として)広東語を話す世界でも唯一の存在だ。こうした認識が広がれば自動的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン