2018年7月18日(水)

熊本県益城町に、太陽光で充電するLEDライトを提供

2016/4/27 6:00
保存
共有
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 太陽光パネルメーカーのカナディアン・ソーラーの日本法人、カナディアン・ソーラー・ジャパンは2016年4月18日、「熊本地震」で甚大な被害を受けた熊本県上益城郡益城町に、携帯型の太陽光発電システムを支援物資として提供したと発表した。

支援物資として益城町に提供した「メープル・ソーラー・システム」(出所:カナディアン・ソーラー・ジャパン)

支援物資として益城町に提供した「メープル・ソーラー・システム」(出所:カナディアン・ソーラー・ジャパン)

 提供したのは、同社製の「メープル・ソーラー・システム」で、太陽光パネルと、Liイオン蓄電池付きのLEDライトで構成されている。

 太陽光発電で約8時間、充電すると、約24時間(30ルーメンでの発光時)で連続点灯できる。Liイオン蓄電池付きのLEDライトは、Mini-USBの端子を実装しており、LEDライトに放電するだけでなく、この端子を通じて携帯電話端末などへの充電も可能となっている。

 家庭用電源や乾電池を必要としないことから、キャンプなどの屋外活動や、災害時に向く。

 この「メープル・ソーラー・システム」を243台、4月17日に益城町に届けた。

 同社は、益城町において、出力47.0MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を開発中である。益城町、熊本県と、協定を締結して開発している。

 現在は、造成を終えた段階であるが、今回の地震によって、施工を中断している状況という。

(日経BPクリーンテック研究所 加藤伸一)

[日経テクノロジーオンライン 2016年4月26日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報