/

ニトリモール枚方開業 来場者は年1000万人目指す

ニトリホールディングスは20日、大阪府枚方市に大型商業施設「ニトリモール枚方」を開業した。同モールは大阪府内で2カ所目。家具・インテリアのニトリのほか、衣料品専門店のジーユー、ヤマダ電機など56店が出店。総投資額は150億円で、来場客は年1000万人、売上高で150億~200億円を目指す。

同日記者会見した似鳥昭雄会長は「コーディネート提案や間接照明などニトリの新商品戦略を発信する。大阪と京都に挟まれた枚方は(住民の)流行感度も高く、うってつけの場所だ」と話し、従来より価格が少し高めの商品を積極的に投入していく。ニトリモールは全国で4カ所目となり、枚方の延べ床面積は約7万3500平方メートルで同社の商業施設としては最大規模だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン