1~3月景況判断を「据え置き」 経産局

2016/4/21 6:00
保存
共有
印刷
その他

四国経済産業局は20日、2016年1~3月の地域経済産業調査の結果を発表した。景況判断について「一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに持ち直している」と据え置いた。生産ではインバウンド(訪日外国人客)の増加や中国経済の影響などがみられた。全5項目で判断を据え置いた。

生産の判断は「おおむね横ばい」。パルプ・紙・紙加工品で、紙オムツなどがインバウンド向けに好調だった。一方、輸送機械では中国経済減…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]