/

セブン&アイ人事決着 井阪氏が社長昇格、鈴木氏退任も決定

セブン&アイ・ホールディングスは19日の取締役会で中核子会社セブン―イレブン・ジャパンの社長を務める井阪隆一取締役(58)が社長に昇格する人事案を決議した。鈴木敏文会長(83)はグループの全役職を退任する。人事を巡る混乱は収束し、5月26日の株主総会での承認を経て、新しい経営体制が発足する。

井阪氏の昇格に伴い、村田紀敏社長(72)も退任する。鈴木、村田両氏を除くセブン&アイの取締役は全員留任し、後藤克弘取締役(62)は副社長に昇格する。鈴木氏には「最高顧問」など名誉職を用意する方向で調整していた。社外取締役が「影響力が残る」と難色を示したため、セブン&アイは「名誉職は19日の取締役会の決議事項ではなく、決まっていない。5月26日の株主総会までに調整して発表する」としている。

主な事業子会社もそれぞれ取締役会で人事案を決議。セブンイレブンは古屋一樹副社長(66)が社長に昇格し、井阪氏も取締役に残る。鈴木氏の退任に伴い、セブン&アイ、セブンイレブン、イトーヨーカ堂は会長職が空席となり、最高経営責任者(CEO)や最高執行責任者(COO)などの肩書も廃止する。

セブン&アイの迷走は7日の取締役会で鈴木氏主導の人事案が否決されたことから始まった。否決されたとはいえ、15人の取締役のうち、鈴木氏と村田氏のほかにも5人が賛成票を投じた。井阪氏は自身のセブンイレブン社長交代案を支持した5人の取締役とともに経営を担うことになる。

井阪氏はセブンイレブン一筋でここまで来た。持ち株会社のトップとしては業績不振が続くスーパー、イトーヨーカ堂や百貨店、そごう・西武の立て直しという難しいかじ取りも迫られる。ヨーカ堂、そごう・西武を巡っては2015年10月にセブン&アイ株式の保有が明らかになった「物言う株主」の米投資ファンド、サード・ポイントからリストラを求める圧力もかかる。矢面に立つのは井阪氏だ。

自身がヨーカ堂出身であり、そごう・西武の買収も指揮した鈴木氏に比べれば、井阪氏はスーパーにも百貨店にも明るいとはいえない。加えて、留任するヨーカ堂の亀井淳社長(71)、そごう・西武の松本隆社長(63)も井阪氏より年齢が上になる。セブン&アイ社長への昇格が内定してからも井阪氏がセブンイレブンの取締役に固執したとされるのは稼ぎ頭となったコンビニエンスストア事業に確固とした足場を維持するためだ。

井阪氏は19日、「鈴木会長には変化に対応する行動力などを教えられてきた。これらを大切にしてグループのさらなる成長を果たしていく」とのコメントを発表した。巨大流通グループのセブン&アイを一枚岩にまとめ上げる手腕が問われる。

井阪 隆一氏(いさか・りゅういち)80年(昭55年)青山学院大法卒、セブン―イレブン・ジャパン入社。02年取締役、06年常務執行役員、09年社長、セブン&アイ・ホールディングス取締役。東京都出身。

古屋 一樹氏(ふるや・かずき)73年(昭48年)明治学院大商卒、82年セブン―イレブン・ジャパン入社。00年取締役、09年副社長。神奈川県出身。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン